トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

「 記事、話題 」 一覧

パクリは遺憾でしょ~~ ==> 解決したもよう

  2017/01/04    記事、話題

本記事「パクリは遺憾でしょ~~」に関して、当該サイトが公開停止となったので、解決したと認識いたしました。   よって記事は修正いたしました。   お騒がせいたしました。     スポンサードリンク この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。 応援よ …

謎肉祭をどうしよう・・・

  2016/12/28    記事、話題

こいつです、こいつ・・・   以前、発売時に勢いで2個買って、1個は実験と称してサラシア茶飲んで食べてみたやつの残りです。   スポンサードリンク     これ、正直「そう美味しいとは思わなかった」やつなんですよね・・・   そんなにたくさん「謎肉」いらない、って感じで …

糖尿病ネットワークで「クリスマスプレゼント」を実施中

  2016/12/16    記事、話題

糖尿病患者と医療関係者向けの情報サービス、糖尿病ネットワークで、「2016年クリスマスプレゼント」の応募受付を行っています。 (HPの一部魚拓)   プレゼントには、 味の素「パルスイート カロリーゼロ」 味の素「ヘルシーメニュー レシピブック」 サラヤ「ラカント すき焼きのたれ」 三井製糖「スローカロリーシ …

「FreeStyleリブレPro」発売 15分ごとに自動でグルコース値を測定

  2016/12/02    FreeStyle Libre, 記事、話題

なんと・・・見落としておりました・・・ 11月28日付「糖尿病ネットワーク」にて。  アボット ジャパンは、「FreeStyleリブレProシステム」(販売名:FreeStyle リブレ Pro)を12月1日に発売すると発表した。「FreeStyleリブレPro」は、医師が糖尿病患者に装着することで、患者のグルコース値 …

「FreeStyle リブレ」が既に国内で秒読み段階?

たまたまアボット社の日本サイトを見ていて・・・   トップページから「製品情報」→「医療関係者の方へ」(お得意)を見てみたら、既にFreeStyle リブレの情報ページが綺麗に出来上がっていました。   まだ紹介ビデオくらいしか載ってないですけどね。   それから、ググっていたらこんなもの …

スポンサードリンク

ご質問への回答まとめ

先日、お二方から質問を頂いたので、まとめてお返事を書いておきます。     「フリースタイルリブレの毎月の費用」ってどれくらい? リブレのセンサーは2週間張りっぱなしになるので、ずばり、ほぼ1ヶ月に2個分となります。 まだ保険適用ではないのと、並行輸入となることも踏まえると、eBayで少なくとも\2 …

道を歩いて考える

  2016/11/20    記事、話題

更新が滞ってますが、実は昨日から京都に来ております。   昨日は貴船神社まで行って本宮、中宮(結社)、奥宮とお参りして帰って来ました。   因みに行きの新幹線はこだまでのんびりしながら、こっそり(隠す必要あるんかい)カツサンドリベンジしました(^^;   その辺りはまた、後ほど。 &nbs …

Abbott FreeStyle Libre ProをFDA(米国食品医薬品局)が承認 トウシツセイゲニストノキモチ(57)

9月28日だったそうですが、FDAがFreeStyle Libre Proを承認したそうです。 PMA(市販前承認)というということで、医療機関での利用に制限されることになりますが、2017年の早い時期にはコンシューマー向けにも認可が下りるだろうとのこと。   米国でOKが出たら、その後は日本ですかねぇ。 & …

血糖値140mg/dLって危険なの? 日本糖尿病学会の「熊本宣言2013」を読んで トウシツセイゲニストノキモチ(56)

日本糖尿病学会が2013年の「第56回日本糖尿病学会年次学術集会」において、「熊本宣言2013」を発表しました。 これは、多くの糖尿病患者さんにおける血糖管理目標値を【HbA1c 7%】未満とし、日本糖尿病学会が、これからも糖尿病発症予防に尽力するとともに、より良い血糖管理などを通じて糖尿病の合併症で悩む人々を減らすた …

言葉の選び方 2016年10月12日の記録

「残業時間が100時間を超えたくらいで過労死するのは情けない」、などとツイートしたどっかの大学教授が大炎上。 本人の謝罪はもとより大学も謝罪と処分検討という事態に。   ついこの前は、透析患者に対してとんでも無い事を延々とブログに書いたまたアナウンサーもいましたね。 彼は少なくともマスコミの世界の仕事は全て失 …