トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

TRICEの成分

スポンサードリンク

   

プーカプカ師匠からちょっとコメントいただきましたので、改めてTRICEの成分数値を見直して愚行してみましたところ・・・

 

「TRICE」は、一般的なごはんと比べ糖質77.9%オフを実現。お茶碗一杯(100g)で糖質約8.1g程度まで抑えています。
(https://trice.thebase.in/ より)

また、

「TRICE」は、お茶碗1杯(100g)で27.7g(レタス約9個分※)の食物繊維を含み、腸内環境の改善をサポートします。(※レタス1個300gを比較。レタス100gあたり食物繊維1.1gで計算)
(https://trice.thebase.in/ より)

ともあります。

 

要は「糖質に関しては普通のご飯100gで36.8gに対して8.1gにしたので、77.9%オフです」ということで、また、「食物繊維がTRICEは100gあたり27.7g入ってます」ということをなので、おそらく、食物繊維は「加工して加えてある」ということなんでしょうね。

 

さて、問題なのはTRICEのパッケージ裏の成分表。

TRICEの生の状態で100gあたり炭水化物が「81.3g」なんですが、つまり1パック150gの場合121.95gとなるため、1パックで3杯分ということなので、1杯あたりの炭水化物は「40.65g」となり、1杯分の食物繊維「27.7g」を引くと、「12.95g」の糖質量になるはず・・・

 

なんですが、TRICEのHPでは「1杯あたり8.1g の糖質」とあります。

 

1杯分あたり12.95gと8.1gの差である「4.35g」(TRICE100gあたりでは9.7g)は一体どこへ?

 

というのがプーカプカ師匠の疑問。

 

確かに。

 

で、再度パッケージ裏を読んでみると・・・

米粉とコーンスターチ由来成分(難消化性でん粉)のはたらき・・・

という表記が。

 

難消化性でん粉・・・いわゆる「レジスタントスターチ」と呼ばれる糖質でありながらも小腸では吸収されない、またはされにくく、そのまま大腸まで運ばれるもの、です。

 

これらは糖質として吸収されないと言う理由から糖質扱いしていないのでは?、と言う可能性があるのではないかと。

 

スポンサードリンク

 

ただですね、100gあたりのTRICEのカロリーは「331kcal」となっています。

 

先の通り「81.3g」の炭水化物だと、それだけで81.3*4=325.2kcalで、他に3.2gのタンパク質と1.9gの脂質が入ると345.6gとオーバーしちゃうんですね。

 

仮に食物繊維が含まれているとしましょう。

 

1杯分27.7gという食物繊維ですから、TRICE100gでは55.4gになるはず。

 

食物繊維は2kcal/gとすると、110.8kcal。

 

炭水化物から食物繊維を引いた残りは81.3 – 55.4 = 25.9g。

 

あれこれ面倒なので、一旦これが全て糖質としたら、25.9 * 4 = 103.6kcal。

 

つまり炭水化物の総カロリーは 110.8 + 103.6 = 214.4kcal

 

タンパク質と脂質のカロリー合計は 3.2 * 4 + 1.9 * 9 = 29.9kcal

 

214.4 + 29.9 = 244.3 kcal

 

あれ、足りない・・・86.7kcalはどこへ行った・・・

 

な、謎だ・・・

 

ダメです、おっしょさん、わかりません・・・ orz(ガックリ)

 


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - 低糖質な食品, 記事、話題