シン・トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

LibreLinkをダウンロード&インストールしてみた Android端末でLibreを使ってみる(1)

スポンサードリンク

      2017/01/31

穿刺せずに血糖値の測定が出来、なおかつ継続的に(5分ごと)に記録されていつでもデータを取り出せ、さらにPCでも閲覧できると言う血糖測定器。

Freestyle Libreを以前ご紹介しましたが、国内での販売はされておらず、なおかつeBayなどのサイトでも高値で取引されているため、なかなか入手に踏み切れないでいました。

 

・・・が。

 

Android端末用のアプリがあったのを思いだして、今更ながらにググってみたところ・・・

ll-hero-1

なんとAbbott社がアプリ出してたなんて(^^;

 

NFC(いわゆるおサイフケータイで使われている機能)搭載のAndroid端末用アプリ、LibreLinkなるものが、Google Play Storeにありました!!

 

・・・が。

 

これまたなんと、利用可能な国の制限がかかっていて、普通に日本人が作ったアカウントだとダウンロードすら出来ないという・・・

 

おいおい、そこまでいじめなくてもいいじゃんよぉ・・・

 

スポンサードリンク

 

だがしかし!!

 

そんなことでめげる管理人ではありません。

 

何を隠そう、某党首(某になってない)がLibre本体をゲットした際、ドイツからの輸入品のためマニュアルも全てドイツ語で困ってたので、英語版のPDFを探し出して上納したのはこの管理人ですから~~

って、ま、誰でもできますが・・・;^_^A

 

なのでめげずにこっそりアプリをダウンロードしてきました!!

方法は・・・ここには書きません;^_^A

 

ちなみにAndroid端末は職権を以て仕事場で使われていない端末を借りる事にしました。(^^;

screenshot_2016-09-21-10-25-36

はい、これ注目~~~。

LibreLink」。

ちなみにリンク踏んでサイトに飛んでくと、「あなたの国では利用できません」って出てきます。

も~~~、つれないんだからぁ。

 

でも、しっかり起動してアカウント作成まで出来ました!

 

ただし!

 

「お住まいの国の登録」ってのがあって、当然ですが「日本」も「Japan」もありません!!

Libreが販売されている国だけ、つまり、ヨーロッパの数か国しか登録出来ないようになってます。

しかも、国によっては「mmol/dL」しか選べない国もあり、あげくに国の選択は後から変えられないという徹底ぶり・・・

 

管理人、思わず英語圏意識してUnited Kingdomって選択したら、「mmol/dLだけだよ~~~ん」って表示されて思わずアカウント捨てちゃいました・・・

で、仕方なくデータ消去して再登録するはめに・・・

 

ちなみに今回はドイツ人になりすまし。;^_^A

 

で、無事、起動できました。

screenshot_2016-09-21-10-17-45

まだセンサー持ってないからな~~にも出来ませんが。(^^;

あと、実際にセンサーを身体に付けて、端末のNFCで認識できるかどうか、試してみないとなりませんが・・・

 

はてさて、どうなるでしょうか?!

 

まずはセンサー買わんとね・・・

 

よしっ!

 

eBay行くかっ!!!

 

(つづく・・・)

 

 


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - FreeStyle Libre, リブレまとめ, 自己血糖測定器