トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

「 身体の仕組み 」 一覧

もし低血糖になったら

管理人は生まれてこのかた、何度か低血糖を経験しています。     それは糖尿病を意識していなかった時にも、「そう言えばあれは低血糖だったんだ」と思い当たることが数度ありました。   低血糖になると、 (急激な)空腹感 手の震え 冷や汗 脱力感、虚脱感 などが一気に現れます。   …

ヤンキー座りって難しいんです

先日、いつも楽しく拝見しているプーカプカ女史のブログで、スクワットなどの健康法の記事がいくつかありまして読ませていただいた際に、「ヤンキー座り」のことをちらっとコメントしたところ、彼女はすんなり座れたようでした。   おっしょさん、素晴らしい。 私はというと、なんとか座れます。(^_^;A   途中 …

就寝中の糖新生

「暁現象」などと呼ばれる、糖尿病患者や予備軍の方々によく見られる起床時の血糖値の上昇ですが、これは主に体内で行われている「糖新生」が原因とされることが多いです。   ググればあれこれ出てくるので糖新生については詳細省きますが、以前「糖新生をしているのは肝臓だけではない」でもご紹介した「腎臓の糖新生とその特異性 …

果糖について、改める

先日もちょっと果糖について書いたのですが、最近の学術研究のPDFを見てまたちょっと考えが変わりました。   Cell Metabolismという学術情報紙に掲載された研究結果に、以下のようなものがありました。 The Small Intestine Converts Dietary Fructose into …

果糖は毒、なの?

ちょっと前の夏井先生の記事です。   果糖について「強力な組織毒性を持つ」と仰られてます。     この「毒性」ですが、その直前に書かれている「果糖は還元性が極めて強い物質」であるから、という意味だと思いますが、ではこの「還元性」ってなんだろうか、・・・   「還元性」とは「対象 …

スポンサードリンク

糖化、酸化、コレステロール

動脈硬化の原因の1つにコレステロールが云々言われてたりしますが、実際のところは余剰コレステロールの蓄積が1つの問題になります。   コレステロールは肝臓で生成され、そこからVLDLを経て抹消組織にLDLによって運ばれます。 この際、抹消組織で使われなかった分は、HDLによって回収されます。   その …

なんじゃこりゃぁ! と言う感じのグラフ

昨日からなんかおかしいなぁ、と思いつつも早めに休んで、ふと朝4時過ぎに目覚めたので何となくリブレチェック。   144mg/dL   うぉっ!!   なんじゃこりゃぁ~~、って腹を抑えるシーンは未だに目に焼き付いておりますが・・・わかる人少ないですよね。;^_^A   で、今日の …

安定しない日・・・

  2016/08/25    糖尿病, 身体の仕組み

朝から血糖値高くて、仕事場到着時が 高っ!! 午前中の移動直後とは言え・・・   で、朝食済ませた1時間後。 8g弱の糖質摂ったんですが、ん~、変わらずって・・・   スポンサードリンク   で、昼食前。 まだちょっと高め。   昼食摂って1時半後。 1時間値が取れなかった・・・ …

管理人の低血糖の原因と仕組み トウシツセイゲニストノキモチ(41)

今日の出番は無いかも・・・、と思ってたんですが、やっぱりありました。;^_^A およそ6時間経過後、ちょっとゾワゾワしたので血糖値測ったら85。 指先の血糖値は静脈のそれよりは高めになる、ということなので、身体の場所によってはそれより低い状態です。 やはりちょっと低くなってるみたいです。 何故でしょうか? もう一度じっ …

インクレチンによるグルカゴン分泌亢進 2016年5月12日の記録

糖質制限食でも摂取した糖質から計算される血糖値の上昇以上に上がる時があります。 これには色々な原因があると思われますが、その中の1つになりそうな話が、日大医学部の内科学系のHPにありました。   糖尿病治療におけるグルカゴン分泌制御の重要性   ここには、小腸から分泌されるインクレチンのうち、GIP …