シン・トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

飲酒後の糖質の行方

スポンサードリンク

   

血糖コントロールを中心に考えて糖質制限をしている管理人ですが、色々な実験(と称する遊び;^_^A)を幾度も行っているうちに、

 

「人の身体は単純ではない」

 

と気づかされました。

 

例えば、お酒飲んでから糖質摂っても血糖値は上がらない、何て事が起きます。

body_kanzou_beer

人によっては低血糖になるケースもあるようですが、じゃ、摂った糖質は何処へ?

 

スポンサードリンク

 

小腸から吸収されたグルコースは門脈経由で肝臓に運ばれます。

ここで肝臓は、一部をグリコーゲンとして蓄え、一部はそのまま静脈に送られ、一部は中性脂肪へと変換します。

 

肝臓の仕事はまさに獅子奮迅の働き、わかってるだけでも500くらいの機能を有してるとか。

 

そんな肝臓がアルコールを摂取するとどうなるか?

ちょっと小難しい話を並べてみますと・・・

 

肝臓にはアルコールを分解(脱水素)する酵素があり、2段階の処理を経て酢酸へ代謝します。

この際、NADPHという物質が肝臓の細胞内に増えて行きます。

 

NADPHは細胞内のNADPにアルコールを分解した際に生じた水素がくっついたもので、同様のNADP -> NADPH生成は、ミトコンドリア内のTCA回路(クエン酸回路)でも行われるため、アルコール分解が始まるとNADPの濃度がNADPHの濃度に比べて相対的に低くなってしまうため、TCA回路の働きが落ちてしまい、様々な代謝が滞るようになります。

 

そのため、結果的に定常的に行われているグリコーゲンの生成や分解、糖新生などが滞ってしまい、相対的に血糖値が上がりにくくなる(下がる)方向に傾くのではないか、と思われます。

sick_shiboukan

 

という事であれば、吸収されたグルコースは肝臓にとどまったままになり、徐々にグリコーゲンに変換されたり血中にそのまま放出されたりします。

 

ちなみに、大量に生成されたNADPHはいくつかの代謝に利用されますが、その中にグリセリンや脂肪酸合成があります。

そのため、グリセリンと脂肪酸の合成が亢進される可能性もあるため、そうなると中性脂肪も増えることになります。

なので、徐々に中性脂肪に代謝される可能性もあるわけです。

 

 

と言う分けで。

 

飲酒後の糖質は、吸収された分はしっかり代謝されている、と思われます。

ただし、時間をかけてゆっくりと・・・

 

なので、飲酒して血糖値上がらないからといって、ケーキを食べたりラーメンや雑炊を食べたりしちゃいけません。

syokuji_tabesugi_man

 

・・・あ、俺か。;^_^A

 

 


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - お酒と糖質, 肝臓, 身体の仕組み