シン・トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

自己血糖測定の勧め – 大きなお世話

スポンサードリンク

      2015/08/18

糖尿病境界型や、糖尿病型の方々で、自己血糖測定器を持ってらっしゃる方は、どれ位いらっしゃるんでしょう。

1型の方は多分お持ちかと思いますが、あちこちのブログやお医者様が書いているブログのコメントを見ていると、2型の方でも自己血糖測定器をお持ちでない方を散見します。

実費で買うと確かに安くはなく、毎回針でチクッてしなきゃならないし、一回の測定毎に100円前後する測定用チップを使うので、ランニングコストもかかります。

でも、将来或いは明日にでも、合併症が発症しないとも限りませんし、まして薬を服用しているのであれば、カーボカウントと薬の量の計算が本当に正しいのかどうかの確認にも有効ですし、普段の自分の血糖値を知ることは、色んなリスクを予知・予防するのにとても大きな助けになると思います。

管理人は初めて糖尿病の疑いを主治医から告げられた後、1週間もしないうちに入手しました。

本当に自分の血糖値は普段からそんなに高いのか、どういう時に上がるのか、下がるのか、最高値はいくつくらいなのか、もう下がらないのか、などなど、とても気になったもんです。

当時保険が効くとか効かないとか一切知らないまま、アボットのメディセンス ソフタックを入手しました。2005年くらいの事です。それを使って自己測定してはExcelのシートに毎日起床後就寝前、毎食前後、記録してました。

ある種のレコーディングダイエットとも言えますね。

ちなみにこの機械、デカいんですが、一応自動で針刺して血液吸って測る、という事も出来たので、最初はそうしてたんですが(その方が腕から出来るのであんまり痛くない)、失敗する事も多くてチップがその度に無駄になる(((( ;°Д°))))ので、自分で針を指先にプチって刺して電極に吸わせる、という方法に切り替えました。

そんなこんなしながら半年で一旦糖尿病型から復帰出来ました。

驚いたのは数年前にアボットジャパンから連絡が来て、その測定器はもうサポートしなくなるので、新しい測定器と無償で交換する、と。

無償と言われので喜んで頂いたのが、サイドバーの右側に置いてあるプレシジョンエクシードです。

これです。

オムロン 血糖自己測定器 HEA-216NC プレシジョンエクシード 血糖値測定機

この測定器の評判は中の上か中の中くらいのようですが、私にとっては今一番の相棒です。

血糖値だけでなく血中ケトン(βヒドロキシ酪酸)も測定出来、それ自身で400回以上の記録もしてくれます。

2015年にまた健康診断で糖尿病型になっているのをはっきり自覚したので、再び封を開けて使い始めました。

今はスーパー糖質制限と合わせて、自分の状態の把握や人体実験(;^_^A に使ってます。

因みに管理人の血中ケトン値は、低い時で300μmol/L(どうも計測可能下限値がそれみたいなのでそれ以下はわかりません)、高値は900μmol/Lでした(まだ3回くらいしか測ってませんが)。

標準で74μmol/L以下ですから、高値は10倍以上の値ですが、全くもって異常なし、です。

血中ケトンの話はまた今度にするとして、兎にも角にも、ご自身の血糖値を知る事は、医者任せにしない自己管理への第一歩だと思うのです。

ご一考をお勧めします。


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - 糖質制限, 自己血糖測定器, 血糖値, 記事、話題