トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

糖化、酸化、コレステロール

スポンサードリンク

   

動脈硬化の原因の1つにコレステロールが云々言われてたりしますが、実際のところは余剰コレステロールの蓄積が1つの問題になります。

 

コレステロールは肝臓で生成され、そこからVLDLを経て抹消組織にLDLによって運ばれます。

この際、抹消組織で使われなかった分は、HDLによって回収されます。

 

そのため、検査結果の見方として「LDLが高くてHDLが低いと良くない」となるわけです。

 

ただ、これだけだと説明不足です。

 

スポンサードリンク

 

実際は、LDLが多いことが問題と言うよりも、HDLが少ないことの方が問題です。

余ったコレステロールを回収するHDLが少ないと、当然、抹消組織であまりやすくなります。

ただ、最近の研究では、HDLがただあればいいわけでもないようです。

 

LDLもHDLもどちらも「リポタンパク」と言ってタンパク質の仲間です。

そのため、どちらも血中のグルコース、フルクトース、ガラクトースと共に糖化されます。

この糖化がひとたび起こると、LDLもHDLもそれぞれ問題が発生します。

 

LDLはコレステロールを抹消組織に運ぶ際、レセプターによって認識され、コレステロールの受け渡しを行います。

LDLが糖化されると、このレセプターが反応しなくなるため、抹消組織にコレステロールを受け渡せず、血管内に蓄積していきます。

また糖化されたLDLはさらに酸化も受けやすく、結果的に糖化酸化LDLとなって、最終的にマクロファージに際限なく取り込まれ、泡沫細胞となります。

泡沫細胞は動脈硬化の予兆とされています。

 

HDLもLDL同様に糖化され、糖化HDLとなります。

糖化されたHDLはLDLとは異なりそれ自体の機能は低下するだけで、直ちに用済みになるわけではないようです。

ですが、糖化されるとさらに酸化を受けやすく、結果的に糖化酸化HDLもマクロファージに取り込まれ、泡沫細胞となります。

 

LDLもHDLも多ければ良い、少なければ良い、というわけでもなく、多くても糖酸化を受けやすく、少ないとコレステロールの輸送と代謝が低下して困る、というものです。

 

この多からず少なからずの目安になるのが、健康診断の数値であるはず・・・なのですが、実際にはそれほど当てにならなそうです。

 

というのも、そもそもこの数値目標自体の設定は、糖化や酸化されたLDLやHDLは入っていない(検査値に反映されない)ので、たとえこの数値が基準内であっても、実際にどれだけのLDLやHDLが糖酸化されているかはわからないため、本当の意味での動脈硬化リスクもわからないはずです。

 

酸化LDLそのものの検査はできる様ですが、検査時に依頼しないとしてもらえませんし、また、検査機関によっては検査項目に入っていないこともある様なので、全ての病院で依頼できるかどうかはわかりません。

 

こらは管理人の素人考えなのですが・・・

 

糖質制限を始めた人の中には、それまで以上にLDLやHDLの数値が上がる方がいらっしゃいます。

 

もしかすると、それまでは糖化や酸化を受けていたLDLやHDLが、糖質制限によって糖化や酸化を急に受けなくなってしまい、結果的に正常なLDLやHDLが増えてしまった、と言うことではないでしょうか。

  

先に書いた様にLDLやHDLは肝臓で生成されますが、これは必要だからこそであって、それらが糖化や酸化を受けて使えなくなった場合、正常なLDLやHDLをさらに作らなければならなくなっていたため、大量のLDLやHDLを作り続けていたのが、或る日突然、ほとんど糖化されなくなったため、余ってしまったのではないか・・・

 

個人差はありますが、糖質制限開始後にコレステロール値が上がっても、或る程度の期間を経て下がってくる方も多い様ですが、それは、肝臓がそもそも必要な量をコントロールしているからではないか、と思う次第。

 

人の身体はフィードバックを常に行ってますから、多過ぎれば減らし、足りなければ増やすはずです。

 

ただし、その速度は必ずしも早いものばかりでなないですから、時間を必要とするものも多いと思います。

 

なので、時間はかかるとしても必ずバランスを保とうとするはずですが、そのバランスが崩れたままになっているとしたら、必ず、何か理由があるはずです。

 

管理人としては、その本当の理由を知ることが、一番重要なことなのだと思っています。

 

そのためには、既成概念や見かけのみではなく、その他の色々な知識や可能性を含めて、あれこれ自分で考えてみることが肝要なのだろうと考えてます。

 

 
 


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - コレステロール, 身体の仕組み