トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

父親の腎臓病とケトン食を考えてみる

スポンサードリンク

   

父親が糖尿病と診断され、慢性の腎臓病という事もあって、さすがにほったらかしておくわけにもいかず、どうしようか考え始めてたどり着いたのがケトン食。

 

HbA1cが7.2なのでこれで常時血糖値が正常範囲を超えているのであれば糖尿病診断となります。

終末に血液検査の結果もらう予定ですが。

GFRとクレアチニンの値も確認しておかないと・・・どのステージかまったくわからないので。

本人は自覚症状がほとんどないので全く何も意識していなく、かかりつけの医師に従って薬飲んでりゃいいだろう程度ですし。

 

スポンサードリンク

 

日本腎臓学会のCKD治療ガイド2012年版に、新しい慢性腎臓病(CKD)のステージに関する表があり、あちこちのサイトで掲載されています。

こんな感じ。

オレンジまでであれば糖質制限だけでも行けるんですが、多分赤でしょうね。

なので、タンパク制限は必須です。

 

概ね1日あたり40g程度に制限を受けることになると思いますが、そうなるとPFCバランス考えたうえでのカロリーも踏まえると、だいたい1400kcalで2:6:2くらいが限界かと。

本人の食習慣から考えると、最初は 2:5:3か2:4:4くらいから徐々に炭水化物->脂質にシフトさせてあげないと、多分受け付けないと思うので、2週間~1ヶ月は致し方ないかなぁ、と思ってます。

 

最も問題なのは、食事の献立。

彼は一人暮らしなので全て自分で用意します。

介護認定受けたがらないくらい頑固なので(と言っても歩けるしボケてないし食事作れちゃうから介護認定あんまり取れませんけどね)、食事の面倒は見てもらう気はさらさらないようです。

そこで、どうやってPFCバランスを変える方向に仕向けるか・・・

 

麺類好きなんですよね。

なので・・・なんとかこんにゃく麺とかでごまかせないか、試してみようかと。

 

あとはパンとご飯。

パンは多分、ローソンのブランパンなら納得しそうなのでそれにしたいのですが・・・

近所がイトーヨーカ堂なのがちょっと有難いのと、ローソンが近所にないのがちょっと不便。

こんにゃく麺はイトーヨーカ堂でも売ってますが、ブランパンは無いですからね。

 

おかず類はこれとこれとこれじゃなきゃだめ、と言えば多分本人割と好き嫌い無くこだわりもないので、納得すれば気にしないと思います。

 

一番問題なのがご飯。

パッと買ってきてお弁当とかご飯だけとかで済ますので、こればっかりは代替がない・・・

ココだけが悩みの種。

 

もうちょっと勉強しないとだめだなぁ・・・

 

 


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - 腎臓病とケトン食