シン・トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

摂取した糖質量以上に血糖値が上がることもある 2016年4月22日の記録

スポンサードリンク

   

20160422

ブランパン食べて血糖値測って、なんてことをあれこれやっていて、やはりどうしても表記されている糖質量をかなり超えるような血糖値上昇が続くので、はて、何故だろうと。

 

もちろん、表記通りピッタリなわけはないので多少の上下はあってしかるべきでしょうが、それにしても2~5割増しの結果は、他の食材でも見た事ないです。

それに、何度もシチュエーションも変えても似たような結果。

 

ん~、こりゃ何か他に原因あるのかなぁ?

 

スポンサードリンク

 

と、思ってつらつらと色々な記事を見ていたところ・・・

あ、そう言えばタンパク質も間接的に血糖値上げるっけ、と、思い出しました。

 

日本大学医学部内科学系糖尿病代謝内科学分野のとある記事で、「アミノ酸が直接α細胞を刺激してグルカゴン分泌を促す」と書かれています。

この記事はDPP-4阻害薬の研究内容などの紹介記事なのですが、となると、摂取した食物のアミノ酸の種類や量によっては、グルカゴン分泌が結果的に亢進され、糖質非依存の原因による毛と土上昇が起こる可能性があるわけです。

 

まだどのアミノ酸がどの程度の量でどれくらい影響を及ぼすのかはわかりませんが、食べものを食べた際に分泌されるインクレチンなども関与していることを考えると、インスリンの出が悪くなってる管理人の場合、摂取した糖質だけでは割り切れない結果になっても、致し方ないのかな、と思った次第。

 

うん。

こりゃ手強い、;^_^A

 

少なくともブランパンのシリーズは摂取糖質量にバッファを持って臨むしかないようですねぇ。

 

 


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - 糖質制限ダイエット記録