シン・トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

基礎代謝量を下げてはいけない?

スポンサードリンク

      2015/09/26

糖質制限をしていない「マジョリティ」である糖質セッシュイスト(勝手に呼ばせていただきます)の基礎代謝量は、管理人の年代の男性場合、1400kcalとなります。

ここから導きだされる管理人のエネルギー必要量は、軽作業の勤め人であるので1.5倍して2100kcalとなるわけです。

管理人は今、そんなに摂ってません(1日平均1500kcal程度)が、体重は徐々に減る程度(週に数百グラム程度)で急激には減っていませんし、朝はきちんと起きれるし夜はしっかり眠れてますし(お酒にはちょっと弱くなりましたが)、何より食後に眠くなる事がほとんどありません。

体重の増減はエネルギー摂取量とエネルギー必要量の差で決まります。エネルギー必要量は基礎代謝量と身体活動レベルの係数で算出するわけです。

で、この基礎代謝量がどうも糖質セイゲニスト糖質セッシュイストでは異なるのではないか、そもそもセイゲニストはセッシュイストに比べて基礎代謝量が下がってるのではないか、と思ってる次第です。実際、摂取カロリーが結果的にですが下がってますからね(こちら参照)。

とは言ってもこれはあくまで管理人の場合なので、全てのセイゲニストの方々に当てはまるわけではない、ということはあらかじめ盛大にお断りしておきます。つまりは管理人の管理人による管理人のための考察、です。(^^;

さて、じゃあ管理人の基礎代謝量は摂取カロリーが下がってるので結果的にホメオスタシスが働いて下がってるとしましょう。

 

 

・・・で、何が問題なのでしょう?

 

 

ダイエットするには基礎代謝量を上げましょう・・・いえいえ、既にダイエットは出来てますから

健康のため1日2100kcal摂りましょう・・・いえいえ、そんなに摂らなくても平気で健康ですから

 

 

そもそも基礎代謝量が下がると何がいけないんでしたっけ?

ちょっといくつかサイトをググってみたのですが・・・

  1. 太りやすく痩せにくい体質
  2. 血液の循環が悪くなる
  3. 倦怠感・憂鬱・イライラする
  4. 免疫力が下がる

これくらいでしょうか。

  1. 太りやすく痩せにくい体質になる
    基礎代謝が低いから簡単に必要量を摂取量が上回る、ってことでしょうけど、結局それって基礎代謝が高くたって同じ事じゃないですか。
    要は「たくさん食べたい」という欲求を満たすための「言い訳」だと思います。
  2. 血液の循環が悪くなる
    これも色々ググったんですが、どうも都合いい話し方のようにしか思えません。
    血液の循環の良い悪いは基礎代謝がそもそも直接関係しているという文献はどこにも見つかりませんでした。
    かろうじてあったのは、「血液の循環が悪いから体温が低くなる」、というものです。
    で、次は体温と基礎代謝を調べてみると、厚労省の「運動の基礎科学」に、

    皮膚表面からの放熱量が大きいため、体温が1℃上昇するごとに代謝量は 13%増加するとされることから、体温が高い人は基礎代謝が大きい。

    とあります。
    体温が高い人は基礎代謝が大きい、ということであって、基礎代謝が上がれば体温が高くなる、ということを言ってるのではないと思うんです。
    そもそもホメオスタシスで基礎代謝が下がっているんですから、それにつれて体温が下がるのは、よっぽど危機的な状況(熊の冬眠、とか?)に遭遇しない限りは起きないと思うのです。

  3. 倦怠感・憂鬱・イライラする
    これも結局、血液の循環や体温と結びつけての事のようですが、少なくとも管理人がググった中ではエビデンスが見つかりませんでした。
    なかなかググるのも大変なんですが・・・
  4. 免疫力が下がる
    これが一番ありそうな話なんですが、やはりその事に関して言及している科学的な物はありませんでした。
    確かに免疫力が極端に下がっている人は体温も低くなりがちなのでしょうが、そもそも普段から体温低い人がそんなに免疫力低いんでしょうか?
    風邪などの諸症状に体温の上昇がありますが、これは体内の免疫系が活動しやすくなるために体温を上げている、ということらしいので、必要があれば体温は上げられるはずです。
    ホメオスタシスで下げた基礎代謝で免疫力まで下がっている、というのは強引すぎではないかな、と思います。

う〜ん、どれも科学的な根拠に乏しいですね。

まあもっと論文とか調べられればもしかしたら関連性が見つかるかもしれませんが、なかなかそこまでは探せないのでここまでにしときます。

ここまで調べた限りでは、基礎代謝そのものが生理的に下がっている状態は、決して悪い状態ではない、と思われます。
これはセイゲニストの代謝システムがグルコースメインからケトンメインに切り替わって、血中ケトンが高くなって生理的ケトーシスになっていてもケトアシドーシスにならない、ってのと同じだと思います。ホメオスタシスが働いて血液のpHを7.3〜7.4に保ってくれているわけです。

何よりも、管理人自身が糖質制限して丸2ヶ月以上経過した現在、健康に支障がないってのが今のところ最も信頼出来るエビデンスだと思ってます。ま、更に1ヶ月後にどうなってるかはまだこれからですけどね。

ということで、基礎代謝は下がってもいいんです、と、はっきり言っときます。今は。(^^;

で、実際管理人の基礎代謝量っていくつなんでしょう?

やっぱり1200kcalくらいなんですかね・・・?


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - 体重とカロリー, 糖質制限