トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

勘違い? トウシツセイゲニストノキモチ(63)

スポンサードリンク

   

こんにちは。

 

管理人、どうやら大変な勘違いをしていた模様です。

 

実は管理人、頸椎ヘルニアを発症してかれこれ6年ほどになります。

 

当時、首から肩にかけての痛みがあり、だんだんひじにまでその痛みが降りてきて、手首の付け根あたりまでのスジが痛み、ひどくなってきたところで、ある日突然、首に激痛が。

これが動けないくらいの痛みでして、結局、1週間ほど寝たきりで過ごしたものです。

 

医者曰く、そうなるともう痛みが一旦引くまでじっとしているしかなく、痛みが引いてきたら後は首の牽引をして寛解を待つしかない、とのこと。

 

完治はまずなく、普段の姿勢や生活などでカバーしながら悪化を防ぐしかない、と。

 

手術しても再発することも多いので、あまりお勧めしない、と。

 

という事で、半年くらい、首の牽引を続けて、ようやく、ほぼ元の身体に戻った次第でした。

 

唯一、左手の人差し指と中指に今でもしびれが残っていますが、今では慣れてしまって特に気にもならない程度です。

 

と、ここまでが前振り。

 

本題に入ります。

(長い・・・)

 

スポンサードリンク

 

実はいつからかはっきりは覚えていないのですが、ここ2年ほど、左の肩付近が痛く、可動範囲もだんだん狭まってきてました。

 

同時に首にも若干痛みがあったので、これは頸椎ヘルニアの影響だろうと思い、寝る時の枕の位置や姿勢を気にしながら、時折首をのばしたりして凌いでおりました。

 

幸いなことに、ここ2週間ほどで急激に首の痛みが無くなり、ほとんど気にならなくなりました。

 

なので、「あぁ、これでまたしばらくは楽に暮らせるな」、と思っていたのですが・・・

 

首の痛みが取れたのに、左肩の可動範囲と痛みの範囲が若干良くはなったものの、ほとんど痛みが収まらない。

 

以前はしびれもあってそれが今は無くなったのに、腕を動かすことで痛みが出る・・・

 

あれ・・・??

 

・・・・・

 

頸椎ヘルニアのせいだと思っていた肩の痛み。

 

もしかして、実は五十肩じゃないのか :(;゙゚’ω゚’): !?

 

・・・気づいてしまった・・・<<おせーよ

 

あぁ、勘違い・・・

 

とは言え、まだ専門医に診てもらったわけでもないので、そのうち病院行って意見だけでも聞いて来ようと思います。

 

ヘルニアが関係ないなら、首の牽引はしなくてもいいですし。

 

 


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - トウシツセイゲニストノキモチ