シン・トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

トウシツセイゲニストノキモチ(2) – 深夜の苦海

スポンサードリンク

   

学生時代、よく「深夜ラジオ」を聞いていました。

「セイヤング」、「オールナイトニッポン」など、夜中に布団に潜って、あるいは勉強机で勉強もせずに聞き入っていたのが懐かしいです。

管理人がよく聞いていたのは土曜深夜の生放送、「さだまさしのセイヤング」、中でも好きだったのは、リスナーから送られてくる川柳を読み上げる「深夜の句会」というコーナーでした。

もうどんなのがあったかはすっかり忘れてますが、深夜に笑いをこらえるのが辛かったのだけは今で覚えてます;^_^A

 

などと書きつつ夜中の2時半過ぎにつらつらと書いているのですが、実は昨晩飲んだワインでえらく酔っぱらってしまい、食後1時間ほどでダウン、ベッドで意識無くなって4時間、途中2回ほど妻に「大丈夫?」と声をかけられ目を覚ましたんですが、結局この時間です。

なんとか起きだして片付けものをしているうちに、頭がしっかりしてきて酔いもほぼ醒めましたが、まだちょっと二日酔いみたいなかる〜〜い頭痛がしてます。

飲んだワインは、そうですねぇ、400mlくらいでしょうか。10度前後として40mlほどのアルコール。あ、糖質量は今日は気にしないで飲みました;^_^A
もちろん量は計ってますけど。

 

いやぁ、しんどかった。
まさに「苦海」 (それ書きたくてタイトル決めたんですけど;^_^A)
ちなみに血糖値は107mg/dLでした。アルコールのせいですかね。

 

ただ、以前にも1回だけ似たようなことがありました。

午後2時頃から蕎麦飲みをした際に、蕎麦焼酎を300ml、1時間半くらいかけて飲んだんですが、このときも家に帰って爆睡、やはり4〜5時間は意識ほとんど帰ってきませんでした。

焼酎の度数はだいたい20度ですから、60mlくらいのアルコールです。

 

それ以外にも飲酒はしていますが、数時間意識を失うくらいの状態になったのは糖質制限してからこの2回のみです。

飲み過ぎたって言えばそうなんですが、それまでも似たような量を飲んだことが何度もありますし、その都度そんな風になっていたかというと、そうでもないです。

同様に爆睡したとしてもせいぜい2時間くらいがほとんどだったように記憶してます。

これって、糖質制限と関係あるんですかね?

 

最近はよくハイボールを飲むのですが(糖質オフですから)、居酒屋で飲むときはチェイサーも一緒に飲んでいることが多いですし、家飲みのときは薄めで飲んでます。

この2回に限って言えば、昨晩はチェイサーは飲んでないですし、蕎麦飲みのときは後から少しだったように思います。なので単にアルコールのせいと言えばそうなんでしょうが。

 

ただ、糖質制限して思うことの1つに、やはり少しアルコールに弱くなったかな?ということがあります。

酔いが早く回ってきて、以前と比べると少ない量で酔っぱらってたりします。

ただ、そこそこ飲めるときもあるんですよね。

 

もうちょっと諸条件をまとめて、そのうちまた考察してみたいと思います。

ま、そんなに飲む方でもないので他の方々の参考にはまったくならんでしょうけど(^^;


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - トウシツセイゲニストノキモチ