トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

もし低血糖になったら

スポンサードリンク

   

管理人は生まれてこのかた、何度か低血糖を経験しています。

 

 

それは糖尿病を意識していなかった時にも、「そう言えばあれは低血糖だったんだ」と思い当たることが数度ありました。

 

低血糖になると、

  • (急激な)空腹感
  • 手の震え
  • 冷や汗
  • 脱力感、虚脱感

などが一気に現れます。

 

何もしなくてもしばらくすると回復することもありますが、正直言って何が原因かもわからない状態で上記のような症状が出始めたら、何はともあれ「糖質」を摂りましょう。

 

それも、なるべく速やかに血糖値を上げるような物が望ましいです。

 

一番良いのは「ブドウ糖」そのもの、ですが、普通、歩いていてブドウ糖が手に入るような所はあまり多くないです。

 

ドラッグストアならあると思いますが・・・

 

もし近くにコンビニがあるなら、「飴」か「チョコレート」が良いと思います。

 

砂糖(ショ糖)が味付けの主成分であり、尚且つ舐めるだけで済むので、比較的速やかに身体が反応してくれるはず。

 

スポンサードリンク

 

ただし、飲み物はあまり良くないかもしれません。

 

砂糖よりも果糖ブドウ糖液糖がメインの場合、ブドウ糖も含まれてはいるものの、半分以上が果糖なので、血糖値上昇に直結する割合が少ない可能性があります。

 

飲み物の方が吸収が早いんじゃないか、と言うのは正しいかもしれませんが、代謝経路の違う果糖は低血糖時にはあまり役立たない可能性もあります。

 

因みに、量はそれほど多く無くても血糖値はそこそこ上がってくれます。

 

これは、経口摂取によって消化管が刺激を受け、その結果ホルモン(オレキシンとか)の作用で結果的に糖新生が亢進するのではないか、と思っています。

 

実際、経口摂取から15分程で血糖値が上がって来るのはちょっと早すぎかな、と思うところもあります。

 

人の身体はいくつものホルモンによる影響を同時に受けながら、相互にフィードバックを行なってバランス調整をしています。

 

そのため、経口摂取した物が消化吸収される間に、インスリンとグルカゴンの両方が分泌されて、バランスが取られるようになっているためです。

 

なので、もしかしたら、ですが、全く糖質を摂らずにタンパク質や脂質、あるいは食物繊維だけを摂ったとしても、何かしら経口摂取するだけで、低血糖から回復するかもしれません。

 

ですが、低血糖は高血糖に比べると遥かに危険な状態なので、わざわざ試すのもどうかも思いますけど。

 

今度やってみるかなぁ・・・


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - インスリン, トウシツセイゲニストノキモチ, 反応性低血糖, 機能性低血糖, 糖尿病, 血糖値, 身体の仕組み