トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

たまのラーメンでサラシア登場

スポンサードリンク

      2018/11/13

久々に「ラーメン食べたい」というリクエストがあったので、サラシア茶を持ってお出かけ。

 

もちろんサラシア茶はブドゥ党特製のものを用意。

本来ブドゥ製は1本で普通の一般商品の2回分のサラシア成分が入っているのですけど、管理人は結構上がりやすいので、ブドゥ製を2本使います。(^_^;A

 

という訳で、今回は都内某所の某ラーメン店に・・・(笑)

 

スポンサードリンク

 

ラーメンと言ってもいろいろありますが、そちらのラーメンは和風だしメインながら豚骨スープも合わせてあって、味わい深いのが特徴。

 

こってり系ではないのでスープを最後までいけてしまいます。

 

今回は食前5分くらいに、ブドゥ製サラシア茶2包を100ccくらいのお水で溶いたものを飲んで挑戦。

 

ざっくりと1時間後と2時間後の測定をしました。

 

ちなみに食後、1時間ほどぶらぶらと買い物などをして帰宅、という行動パターンでした。

 

1時間後はこちら。

 

通常ラーメン食べたら爆上がり間違いなしなので、1時間後でこれくらいなら効果十分と言えます。

 

で、2時間後はこちら。

 

か、変わらん・・・(^_^;A

 

そうです、なかなか下がらない、これもサラシア茶飲んだときの特徴の1つ。

 

ピークは高くはならないんだけど、食後2〜4時間くらいダラ〜〜っとした血糖値の状態になります。

 

結局、摂取したものは概ね吸収はされるんですが、その吸収のタイミングがそこそこ遅れるおかげで、血糖値の上昇が抑えられる代わりに、しばらくその状態が続く、と言う感じだと思ってます。

 

因みによく聞く「GIが低い食べ物は血糖値をゆっくり上げる」と言う話は、嘘ではないですが、あくまで「正常な人」向けの話であって、既に糖質1gあたり3mg/dLとか4mg/dLも血糖値が上がる人にはほっとんど意味ない事です。

 

また、サラシア茶の効果は「糖質吸収の阻害」なのですが、「阻害された糖質はどうなるのか」っていうのは正直まだ完全にはわかってないです。

 

「ゆっくり吸収されていく」のか「大腸で発酵される」のか、それぞれだとは思いますが、単一の事象ではなく様々な事象が絡んでの結果がこれなわけです。

 

ですから、管理人がこういう結果だからといって他の方も同じになるかどうかはまったくもってわからない、というのが現実。

 

これを見て「よし、サラシア茶があればなんでもイケるぜ!!」ではなく、自分の身体と向き合っていい塩梅にお付き合いしていただければと思います。

 

 

 


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - サラシア茶, トウシツセイゲニストノキモチ, 昼食, 血糖値