シン・トウシツセイゲニストノキモチ

主に糖質制限と糖尿病に関する話題を中心に、日々の記録と見つけたものや気になった記事、話題を綴っています。

*

【実験】管理人は1gの糖質で血糖値いくつ上がるのか?(3)缶コーヒー編

スポンサードリンク

   

しばらくの間、自己OGTTしてなかったので、久々に試してみることにしました。

糖質制限して半年、インスリン抵抗性は改善したようでHbA1cもGAも空腹時血糖値も正常範囲になった今、んじゃIGT(耐糖能異常)はと言うと、管理人的には全く変わってないと思っているのですが、果たしてどうでしょうか・・・

 

って、変わってないのはわかってるんですよ、だって日々測定してますからね。;^_^A

なので今回は「1gでどんだけ」という指標の見直しが必要かどうかの確認のため、です。

 

で、早速ですけど、今回はこれを使ってみました。

写真 2016-02-22 11 35 54

仕事場の無料コーナーからコカ・コーラが無くなってしまったので、糖質20g以下で適当な飲料が無かったもので。

ただ、缶コーヒーって、牛乳も使われているので、乳糖が混じりますから、若干、砂糖のみの場合とは異なるかと思うのですが・・・ま、試してみましょう。

 

スポンサードリンク

 

という事で、早速食前から。

写真 2016-02-22 13 08 17

はい、一応いつもの範囲内なので、とっとと飲んでみます。

今回も15分、30分、60分で見てみます。

 

まずは15分の反応。

写真 2016-02-22 13 08 22

やっぱり飲料のみだと早いですね、反応が。

 

続いて30分の反応。

ちょっと遅れましたが・・・

写真 2016-02-22 13 08 25

ほぼほぼピークな予感。

 

で、45分の反応。

写真 2016-02-22 13 08 27

やっぱり30分前後がピークのようです。

 

一応、60分もこんな感じ。

写真 2016-02-22 13 08 31

 

で、90分後に戻ってました。

写真 2016-02-22 13 08 33

 

飲料は総じて30分ほど前倒しで反応してますね。

 

それで、実際の変化ですが、

148 – 107 = 41mg/dL

表記の炭水化物量が185gの容量に換算して12.58g。

単純計算で3.25mg/dL/gという値。

 

さて、この缶コーヒーでは原材料のトップに牛乳が上がってます。

牛乳は乳糖がメインなので試しに含有脂肪量から牛乳の量を計算してみたのですが、だいたい34g程度。

で、そこから計算される糖質は1.6g程度なのでほとんど影響なしで良いかと。

 

なので、現状の管理人の糖質1gあたりの血糖値上昇度は、3.3mg/dL、といったところ。

 

以前2度ほど測った際の平均値が3.6mg/dLでしたので、ん~、合計して再計算してもまあ3.5mg/dL程度で変わりないですね。

 

安定でよろしいかと。

 


スポンサードリンク

この記事が少しでもお役に立ちましたら、クリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いしま〜す。
  にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
   

糖尿病 ブログランキングへ

   

 - 実地検証, 血糖値